> 視聴する > デジタル放送でできること >

デジタル放送を見る

本機は外部入力からの4K映像はお楽しみいただけますが、2018年12月1日スタートのBS・110度CSによる4K・8K放送は受信できません。別売の対応チューナーが必要です。

BS・110 度CSによる4K・8K放送に関する一般的なお問い合わせ先(2018 年4 月現在) (一社)放送サービス高度化推進協会(A-PAB) 新4K8K衛星放送コールセンター(ナビダイヤル:通話料はお客様ご負担となります。) TEL 0570-048-001 ※運用時間は、平日9:00〜17:00 ※一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。

電源を入れた際、起動に時間がかかる場合がありますが、これは内部システムによる仕様のため、故障ではありません。

電源ボタンで「切」にすると待機状態になります。一部の回路が通電しています。

地上アナログ放送で受信できた放送局が地上デジタル放送では受信可能エリアが異なり受信できないことがありますので、受信状態(アンテナレベル)を確認してください。デジタル放送の受信状態を確認する

1B powerを押して電源を入れる

本機の電源LEDが青色に点灯します。
(通電状態のときに使えます。)

2B volumeで音量を調節する

本機側面の音量+/-ボタンでも調節できます。

スピーカーとヘッドホンの音量は、それぞれ0から60まで別々に調節することができます。ヘッドホン音量を変更する

大きすぎたり小さすぎたりする音量をぴったり音量で自動調節すると、いつも安定した音量で視聴できます。詳細調整

3B digitalB BSB CSのいずれかを押して、視聴したいデジタル放送の種類を選ぶ

4チャンネルを選ぶ

数字ボタンに設定する放送チャンネルを追加したり変更したりする場合は、「数字ボタンのチャンネルを追加・変更する」をご覧ください。数字ボタンのチャンネルを追加・変更する

リモコンのボタンに設定されているチャンネルを選ぶ

数字ボタンを押す

3桁のチャンネル番号を入力して選ぶ

B ch3inputを押したあと、数字ボタンで3 桁入力する

例: 103 チャンネルを選ぶとき

B 1Arrow4B 10Arrow4B 3

「0」を入力するときはB 10を押します。

チャンネルを順送り/逆送りで選ぶ

B channelを押す

本機側面のチャンネル+/-ボタンでも選べます。

視聴しないチャンネルを飛び越す(スキップ)設定をすることができます。チャンネルの飛び越し(スキップ)を設定する

複数チャンネルが同じ番組を放送している場合は、自動的にスキップします。

視聴年齢制限を一時的に解除するとき

[視聴年齢制限]で設定した年齢以上の制限がかかった番組を見たいときは、暗証番号の入力が必要です。暗証番号を登録して視聴年齢制限を設定する

B 1B 10で4 桁の暗証番号を入力する

OSD_PassInput_LiveMessageD

入力した数字は「*」で表示されます。

「0」を入力するときはB 10を押します。

間違えたときはB Lを押して、1文字消すことができます。視聴制限が解除され、番組を見ることができます。

暗証番号を登録して視聴年齢制限を設定している場合は、視聴年齢制限の対象番組を選んだときに、暗証番号入力画面が表示されます。暗証番号を登録して視聴年齢制限を設定する

携帯電話や無線機などをご使用になるときは本機や接続機器に近づけないでください。音声に異音が入ったり、本機にノイズが出たりする場合があります。異音が出たり、本機にノイズが出たりした場合には、携帯電話などを離してご使用ください。

地上デジタル放送が受信できない、または受信できないチャンネルがある場合は「おかしいな?と思ったときの調べかた」をご覧ください。おかしいな?と思ったときの調べかた

ページのトップへ