1. トップ
  2. テレビ
  3. 5000シリーズ

プレミアム4K

5000シリーズ

スリムでスマートなデザインにHDDを内蔵し、録画もできる高画質4Kモデル。

  • 壁掛け設置にも対応する薄型デザインで、より自由なレイアウトが可能に。
    ※設置には壁掛けユニット(市販品)が必要です。また、壁掛けした際は一部の入力端子が使用できない場合があります。

  • 洗練されたフォルムのコンパクトなプレートスタンド。

  • スリムでフラットなデザインのディスプレイ。

高画質

引き込まれるほどの、
圧倒的な映像美。

実際の風景を観ているかのような
鮮やかさと奥行き感のある映像。

4K HDR ※11
Clear Pix Engine 4K HDR
4K画質を精緻に描き上げる
独自開発の高画質エンジン。

色彩に、緻密さに、魅せられる。
極上の高精細映像を。

  • 4K クリアピクスリマスター
    6000/5000/4100/4000シリーズ対応

    4K クリアピクスリマスター
    地上デジタル放送やブルーレイも
    4Kグレードで、より美しく表現。
    地上デジタルハイビジョン放送などを4Kグレードにアップコンバートする際、独自のアルゴリズムを加えることで高画質化処理。より精緻な映像で楽しめます。 4K Clear Pix Remaster
  • ブリリアントワイドカラー
    6000/5000/4100/4000シリーズ対応

    ブリリアントワイドカラー
    自然にあふれる豊かな色彩を
    ありのまま、鮮やかに表現。
    映像信号をただ拡張するだけでなく、色のズレなどを補正しながら色表現範囲を拡大。自然にあふれる実際の色を、可能な限りリアルに再現できるようになりました。 Brilliant Wide Color
  • HDR映像対応
    6000/5000/4100/4000シリーズ対応

    HDR信号対応
    闇に浮かぶ、わずかな灯さえ
    肉眼で観るかのように再現。
    豊かな階調表現が得られるHDR(ハイダイナミックレンジ)映像に対応。 コントラストが高まり、明部と暗部の差をより明確に描き分けられるようになりました。
  • 倍速駆動
    6000/5000/4100シリーズ対応

    倍速駆動
    スポーツのような速い動きも、ブレなくクッキリ! 信号のコマ数(60コマ/秒)の間に、補完するフレームを生成。毎秒120コマの映像を表示することで、速い動きでもブレず、くっきりとした映像を表現します。 倍速駆動

高音質

臨場感と
聴きやすさを両立。

サウンドの迫力を高めながら、
セリフの聴きやすさも追求。

  • バスレフ型スピーカー

    10wバスレフ型スピーカー
    スマートボディでも
    高音質で、迫力ある重低音
    スマートな本体に、低音から高音まで、伸びやかなサウンドが得られるバスレフ型スピーカーを内蔵。特に音楽番組などで、迫力ある音が楽しめます。
  • sonic emotion
    ABSOLUTE 3D

    sonic emotionABSOLUTE 3D
    ホールなどプロの現場で培った技術で、
    音声を最適な状態で再生。
    コンサートホールの音響設計などで実績を持つ、スイスのソニックエモーション社が開発した3D音場形成技術を応用。左右2つのスピーカーだけで、立体的で迫力あるサラウンド感を実現。さらに音声成分を抽出し独自の音声処理を加えることで、セリフやナレーションなど人の声を聴きやすく再生する「はっきり音声」も搭載。迫力と聴きやすさ、2つの要素を両立させました。
    sonic emotion ABSOLUTE 3D
  • 音声アシストモード

    sonic emotion ABSOLUTE 3D
    シニアにも聴き取りやすい
    音質に調整できます。
    「音声アシスト」モードをオンにすると、テレビの音声から、背景の雑音など環境音の成分を抑え、セリフや高音域を自動で強調。その結果、出演者の声が聴き取りやすくなります。「最近、テレビの音が聴き取りにくくなってきた」というシニアの方などに便利な機能です。

省エネ

地球環境と明日のために、
省エネ設計も追求しています。

  • ECOボタン ECOボタン ECOボタン 「ECOボタン」を押すだけでECOモードに設定可能。
  • 明るさセンサー お部屋の明るさに合わせ、最適な画面明度を自動で設定。
  • 無信号/無操作電源オフ 無信号状態や、しばらく操作がない時は、自動で電源オフ。

多機能リモコン/ネットダイレクト

理想的なボタン配置で、快適操作。

  • 一発録画 一発録画
    録りたい時は、このボタンだけ。簡単に使える「一発録画」。 上部の中央に「録画ボタン」を配置。
    録りたい番組の放送時にこのボタンを押すだけで、すぐに録画できます。その他、主要な操作がすばやくできるようにボタン配置を考慮しました。
  • クリック感 クリック感
    押した実感がしっかりわかるクリック感のあるボタン感触。 ボタンを押した時に「カチッ」と鳴る、心地よいクリック構造を採用しました。

NET DIRECT

ワンプッシュで、
話題のネット番組の世界へ!

  • NETFLIX
  • YouTube
  • dTV
  • U-NEXT

以下のサービスもネットアプリボタンから

  • クランクイン!ビデオ
  • acTVila 4K
  • TSUTAYA TV
  • ひかりTV 4K

※1 3,840×2,160画素。4K対応テレビは2018年から放送予定のBS・110度CSによる4K・8K放送は受信できません。今後発売される別売の対応チューナーが必要です。
※2 Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。4K/HDR映像がご利用になれるかどうかは、お客様のNetflixメンバーシッププラン、インターネットサービス、デバイス機能、およびコンテンツによって異なります。 詳細はwww.Netflix.com/TermsOfUseをご覧ください。
※3 「クランクイン!ビデオ」サービスはハリウッドチャンネル株式会社が運営するサービスです。
※4 「4Kアクトビラ」サービスは株式会社アクトビラが運営するサービスです。
※5 「TSUTAYA TV」サービスは、株式会社TSUTAYAが運営するサービスです。
※6 「ひかりTV」は株式会社NTTぷららが提供するサービスです。「ひかりTV」のご利用に際しては、光回線のご契約が必要です。光回線とは、フレッツ光回線または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスです。テレビサービスをご視聴される場合には、ひかりTV対応チューナーが必要です。
※7 録画したハードディスクの残り容量により日数は異なります。
※8 SeeQVault™対応のFUNAIブランドのテレビやレコーダーが対象です。他社製機器でのご使用を保証するものではありません。
※9 すべてのUSBハードディスクでの録画を保証するものではありません。接続確認済みUSBハードディスクはサポートページをご参照ください。
※10 SeeQVault™対応ハードディスクへの直接の録画はできません。内蔵ハードディスクへの録画後にSeeQVault™形式へ変換する必要があります。他社製機器で録画された番組は本機での再生は保証できません。また、本機でご使用になるには初期化が必要な場合があります。
※11 録画チャンネル数:5、録画モード:AE、録画時間帯:終日、HDD使用域:87.5%にした時の録画可能時間。まるごと録画のご使用には事前に設定が必要です。
※12 4000シリーズは録画用メモリーが内蔵されています。
※13 2000シリーズは録画用USBメモリーがお買い上げ時に本機に挿入されています。
※14 ご利用にはネットワークダウンロードもしくは放送ダウンロードなどによるソフトウェア更新が必要な場合があります。
※15 1つは視聴専用チューナーのため2チューナー搭載のシリーズは2番組同時録画はできません。また6チューナー搭載の6000シリーズは1つは視聴専用3つはまるごと録画専用2つはまるごと録画/通常録画兼用のチューナーとなります。
※16 全HDMI入力端子が3,840×2,160 60p/4,096×2,160 60p(4:4:4)に対応。
※17 ソフトウェア(バージョンFNI-0S0H_501_0以上)へのバージョンアップ以後に録画した番組が対象です。バージョンアップ前に録画した番組は、SeeQVault対応のハードディスクには移動できません。

4K/5000シリーズ 65V型

4K/5000シリーズ 65V型

〈4K対応〉 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
FL-65UP5000 オープン価格
●外形寸法(約):幅145.7×高さ89.7×奥行30.1cm(スタンド部含む)
●質量(約):28.8kg(付属スタンド取付時)
●定格消費電力:193W(待機時消費電力 約0.4W)
●年間消費電力量:175kWh/年

  • 購入ページへ

    ヤマダ電機の公式通販サイトへ移動します

4K/5000シリーズ 55V型

4K/5000シリーズ 49V型

〈4K対応〉 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
FL-55UP5000 オープン価格
●外形寸法(約):幅123.4×高さ77.4×奥行26.5cm(スタンド部含む)
●質量(約):21.6kg(付属スタンド取付時)
●定格消費電力:151W(待機時消費電力 約0.4W)
●年間消費電力量:142kWh/年

  • 購入ページへ

    ヤマダ電機の公式通販サイトへ移動します

4K/5000シリーズ 49V型

4K/5000シリーズ 49V型

〈4K対応〉 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
FL-49UP5000 オープン価格
●外形寸法(約):幅110.0×高さ69.3×奥行26.5cm(スタンド部含む)
●質量(約):16.1kg(付属スタンド取付時)
●定格消費電力:128W(待機時消費電力 約0.4W)
●年間消費電力量:128kWh/年

  • 購入ページへ

    ヤマダ電機の公式通販サイトへ移動します

仕様表

有効画面サイズ

有効画面サイズ
【FL-65UP5000】65V 
【FL-55UP5000】55V 
【FL-49UP5000】49V

チューナー

地上デジタル
2※1
BSデジタル/110度CSデジタル
2※1

画質

解像度(水平×垂直)
3,840×2,160(4K)
画質エンジン
クリアピクスエンジン4K HDR
HDR映像対応
※2
4K超解像
4Kクリアピクスリマスター
広色域
ブリリアントワイドカラー
倍速機能
倍速駆動

音質・音声機能

スピーカー
2(フルレンジ)
実用最大出力(JEITA)
10W + 10W
音声技術
sonic emotion ABSOLUTE 3D
はっきり音声
ぴったり音量

録画時間※3

DR
地上デジタル
〈通常録画〉約60時間
BSデジタル/110度CSデジタル
〈通常録画〉約43時間
HD画質
AF(2倍)
AN(3倍)
AS(4倍)
AL(5.5倍)
AE(7倍)

録画/再生

内蔵ハードディスク/メモリー容量
500GB
USBハードディスク録画対応
まるごと録画
裏番組録画
おすすめ再生
おまかせ録画
USBハードディスク同時接続※4
●(最大3台)
SeeQVault™対応※5
※6

便利機能

USBメモリー再生※7(動画/写真)
HDMI-CEC
●(ファンリンク)
明るさセンサー
おやすみタイマー
オンタイマー
無線LAN内蔵
●(11ac対応)
動画配信サービス※8
スマホ連携※9
ホームネットワーク※10
●(クライアント)

入出力端子

入力端子
HDMI入力端子
4(HDCP2.2/ARC対応※11
D端子(種類/個数)
ビデオ入力端子
1
出力端子
ヘッドフォン端子
1(アナログ音声出力兼用)
光デジタル音声出力端子
1
その他
USB端子
2(HDD録画用/USBメモリー用)
LAN端子
1

消費電力

消費電力(W)
【FL-65UP5000】193 
【FL-55UP5000】151 
【FL-49UP5000】128
待機時消費電力(W)
【FL-65UP5000】0.4 
【FL-55UP5000】0.4 
【FL-49UP5000】0.4
年間消費電力量(kWh/年)
【FL-65UP5000】175 
【FL-55UP5000】142 
【FL-49UP5000】128
省エネ基準達成率
【FL-65UP5000】195% 
【FL-55UP5000】194% 
【FL-49UP5000】185%

主な付属品

標準スタンド、リモコン、単4形乾電池(2本、リモコン動作確認用)、転倒防止用バンド、miniB-CASカード、取扱説明書

外形寸法

外形寸法(cm)
【FL-65UP5000】
モニター 幅145.7 × 高さ84.6 ×奥行き6.1
モニター+スタンド 幅145.7 ×高さ89.7 ×奥行き30.1
【FL-55UP5000】
モニター 幅123.4 × 高さ72.4 ×奥行き5.9
モニター+スタンド 幅123.4 ×高さ77.4 ×奥行き26.5
【FL-49UP5000】
モニター 幅110.0 × 高さ64.4 ×奥行き5.8
モニター+スタンド 幅110.0 ×高さ69.3 ×奥行き26.5
質量(kg)
スタンドあり
【FL-65UP5000】28.8 
【FL-55UP5000】21.6 
【FL-49UP5000】16.1
スタンドなし
【FL-65UP5000】28.1 
【FL-55UP5000】20.9 
【FL-49UP5000】15.6

※1 1つは視聴専用、1つは録画専用のチューナーとなります。
※2 Ultra HDブルーレイプレイヤーのHDR映像、およびNetflix、ひかりTVなどの動画配信サービスのHDR映像に対応しています。
※3 内蔵ハードディスク/メモリーで録画した時間。6000シリーズの通常録画はまるごと録画のHDD使用領域:0%にした時の録画可能時間、まるごと録画は録画チャンネル数:5、録画モード:AE、録画時間帯:終日、HDD使用領域:87.5%にした時の録画可能時間。
※4 USBハードディスクの同時接続にはUSBハブが必要です。USBハブを使用する場合は、USBハブに電源供給する必要があります。
※5 市販のSeeQVault™対応ハードディスクが必要です。ご使用時はSeeQVault™用として初期化が必要です。
※6 最新のソフトウェアに更新することで、ご利用いただけます。
※7 ご利用にはネットワークダウンロードもしくは放送ダウンロードなどによるソフトウェア更新が必要な場合があります。
※8 動画配信サービスを利用する場合、最新のソフトウェアに更新が必要な場合があります。
※9 シリーズにより対応する機能が異なります。
※10 ご利用にはネットワークダウンロードもしくは放送ダウンロードなどによるソフトウェア更新が必要な場合があります。
※11 HDMI入力1のみ
●年間消費電力量は「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に基づき、一般家庭の1日の平均視聴時間で算出した、1年間に使用する電力量です。

ラインアップ

※ 録画チャンネル数:5、録画モード:AE、録画時間帯:終日、HDD使用領域:87.5%にした時の録画可能時間。まるごと録画のご使用には事前に設定が必要です。

サポート動画

  • 開梱・設置

  • 初期設定

  • 録画予約、USB-HDDの接続

  • FUNAI Connect

  • デジタル放送が受信できなくなったときの対処法

TOP